仕事を楽しくする骨盤底筋トレーニングの4ステップ


みなさん、骨盤底筋ってご存じですか
骨盤や子宮などの内臓を支えるハンモック状の筋肉です。(自転車に乗るときにサドルにあたる部分です。)
妊娠中大きくなるお腹を支え、分娩によってさらに大きな負担がかかることで骨盤底筋がゆるみ、尿漏れや子宮脱などのトラブルが生じてしまいます。また骨盤底筋がゆるむことで内蔵が下垂し、ぽっこりお腹の原因にもなるのです
つまり骨盤底筋を鍛えることで、産後のトラブルを解消するだけでなく、下腹部の引き締めなどボディラインにいい影響も与えてくれます
ママとベビーのヨガクラスでは、骨盤底筋のエクササイズもどんどん取り入れていきますよ
産前よりさらに女性らしいしなやかなカラダを手に入れましょう

レッスン日時12/9(土),12/17(日)12/23(土)AM10時~11時(今後の日程は随時お知らせします。)
料金:お一人様一回 ¥1,200(税込)(初めての方は¥1,000) 場所:流山市十太夫福祉会館 (「流山おおたかの森駅」徒歩10分) ご予約・ご質問等は下記までお気軽にお問い合わせください!

【お申し込み・お問い合わせ】お申し込み・お問い合わせ?こちらもしくはお教室LINE上記のLINE友だち追加ボタンから友だち追加して頂くと私と1:1トークをする事が出来ます!1:1トークの画面でメッセージまたはスタンプを送って頂くと1:1トークが開始されます♪

骨盤底筋トレーニングの画像を集めるスレ(二次限定)まとめ


先日のママヨガでは、「肩凝り」にフォーカスしましたが、、、
「尿漏れ」というのもあります。
妊娠中にお腹が大きくなると、膀胱を圧迫してくしゃみをしたりすると思わず尿漏れ、、、といった体験をお持ちの方、多いのではないでしょうか~~
また産後にもある方もおられるのではないでしょうか~~
骨盤底筋という筋肉があります。
恥骨から尾骨までにあるハンモック状の筋肉です。前から尿道、膣、肛門があります。この筋肉に、妊娠中は大きな重みとストレスがかかります。
さらに出産時には大きなダメージが加わります。
以前の記事にも書いているのですが、この骨盤底筋のトレーニングを妊娠中からすると出産時のダメージもかなり軽減されます。
そして産後も自分で意識して骨盤底筋をトレーニングすることで復活していきます。
骨盤底筋トレーニング
筋肉はしっかりトレーニングすればすぐ応えてくれますので、出産直後から意識してトレーニングしましょう。
この筋肉は横隔膜と一緒で息を吐く時に上に上がります。
、、、なので大きく深呼吸したりする時、ふだんの呼吸でも息を吐く時に持ち上げようとします。
椅子に座っている時でも、授乳しているときでも、気づいたら引き上げてみる。
分かりにくいなぁと思われるなら肛門をすぼめる感じでもOKです。
やり始めると、尿道、膣、肛門と意識できるようになります。