骨盤の歪みで起こる症状のひとつに、代謝の低下、また、冷えなどがあげられます。
口コミなどでも言われていますが、女性の冷えは、万病の元です。
この冷えですが、骨盤がゆがんでいることから起こるケースも多いです。
骨盤のゆがみから、体幹部の腹筋、背筋など、重要な筋肉が衰えて、弱くなり、その分、新陳代謝が悪くなります。
また、体全体が疲れやすくなり、体を支える筋力が弱いため、どうしても下半身に負担がかかるようになり、むくみなどが出るのです。
接骨院などでも、骨盤矯正を受けるだけではなく、今後、筋力を上げるためのアドバイスをもらうと思いますが、筋力が弱まるといろいろな不都合が出てくるものです。
それをとめるためには、骨盤矯正だけではなく、普段からの筋力アップに繋がるエクササイズなどが有効とされています。

骨盤がゆがめば、血流も悪くなりますから、冷え以外にも、腰痛、肩こりなども発生します。
そして、骨盤は実は開閉を繰り返す骨でして、一日でも動きがありますし、月経などによっても、動きがあります。
現在では、女性の体に関しての口コミ情報も溢れているので、こうした生理に関しての様々な情報も得やすくなっていますよね。
ですから、ご存知の方も多いと思いますが、この開閉がうまくいかないと、生理痛がひどくなったり、生理が不順になったりします。
女性特有の悩みも骨盤と深い関係があるのです。
また、骨盤のゆがみで、大腸のぜん動運動が弱くなりますので、便を押し出す力が弱くなり、便秘になります。
このように骨盤が影響して、体に及ぼす悪影響はたくさんあるのです。
このような症状を改善しようと、接骨院や整骨院で、骨盤矯正をする方が多いのです。