骨盤が歪む原因の1つに夜の寝方もあります。寝ている体勢は1日のうちで一番長い時間続けていることが多いです。そのため、寝方によっては骨盤が歪んでしまうこともあります。

人それぞれの寝方というのは、習慣となっていることが多いので、ほとんどの人が自分の寝るスタイルが決まっているようです。そのため、毎日同じ方向を向いて寝ていたり、丸まった体勢で寝ていたりしている人は、その体勢が原因で骨盤が歪んでしまっている人も少なくないようです。

逆に言えば、寝方を変えることによって、骨盤を矯正して骨盤を正しい位置に戻すことも可能だということです。矯正効果のある寝方とは、基本的には仰向けで寝ることです。

さらに、枕選びも重要となります。骨盤の歪みに効果的な枕とは、“低めで硬めの枕”です。高さが高すぎたり柔らか過ぎたりする枕は、頸椎や顔の骨格、背筋などに負担がかかってしまいます。低めで硬めの枕は、寝ている間に正しい姿勢を保ちやすくなるので、横を向いて寝たり体を丸めて寝たりする癖がある人におすすめです。

しかし、枕を替えたからといって、ずっと正しい姿勢で寝ることができるわけではないので、床に就く時や夜中に目覚めた時は、意識して正しい姿勢になるように心がけましょう。

また、骨盤ダイエットを寝ている間に行おうと考えている方は、寝ながらできる骨盤ダイエットのグッズも販売されており、最近では簡単に手に入るようになっているので、そのようなグッズを利用するのも良いでしょう。