人間は座っているとリラックスするため、姿勢のことは考えなくなってしまいがちです。しかし、正しい姿勢で座らないと、骨盤は徐々に歪んでしまって、骨格がずれていってしまいます。

骨盤ダイエットを行って、座り方も意識するようになると、仕事中や食事中、通勤時間など、毎日の生活の中で座っている時間が結構あることに気づくと思います。そのため、座る時に意識して姿勢を正すようにすると、ダイエットにつながるのです。

骨盤ダイエットの効果がある座り方は、基本的に、床に座るのではなく、椅子に座った状態です。また、理想的な椅子は、座った時に坐骨が痛くならない柔らかいものが良いです。腰が膝より下になる高さの椅子は、力が入りにくくなるので避けましょう。

正しい座り方は、椅子に浅く座って背筋を自然にまっすぐにのばし、両足をそろえて足の裏をしっかりと床に付けてください。イメージとしては、上半身を坐骨の上に乗せるような感じで、骨盤をまっすぐと立てることを意識します。慣れないうちは、座る時に足の裏と背中、膝骨を常に意識するように心がけましょう。今まで座り方を気にしてなかった人は、座り方にその人の癖が付いているので、正しい座り方を知っても、すぐに忘れてしまいがちです。

悪い癖が付いている人は、その癖を直すだけでも大きな効果があるはずです。なかなか身に付かないという人は、姿勢を正し骨盤矯正をサポートするグッズもあるので、それらのグッズを利用すると良いでしょう。